• 園のご案内
  • 保護者様専用ページ

新着情報

幼稚園4月入園二次募集について

大久保わかくさ子ども園の2022(令和4年)年度・幼稚園枠の4月入園について、二次募集をしています。 詳しくは以下のペー…

1月~3月のさくらんぼクラブにぜひご参加ください

令和4年1月~3月のさくらんぼクラブの予定が決まりました。 皆さまのご参加をお待ちしています。 1/19(水)気になる子…

職員募集【令和4年度】

ただいま、2022年(令和4年)度に向けて一緒に働く職員を募集しています! 子ども一人ひとりの個性を大切に考え、良質な遊…

サーキット遊びのうらがわ【わかくさ日記】

都会の限られた環境の中で、子どもたちが楽しく身体を動かす機会を作りたいという思いから、サーキット遊びを始め3年目となりま…

非接触式体温計サーモカメラの導入について

このたび公益財団法人 JKAより新型コロナウィルス対策事業として助成いただき、非接触式の体温計(サーマルタブレット)を導…

子どもが親に話すことは、どこまで本当?【園長の保育雑談】

自分の子どもがまだ保育園に通っていた頃の出来事、たしか4歳ぐらいの時じゃないかと思います。 園から帰ってきて、子どもと一…

大久保わかくさ子ども園よりご挨拶

いま、幼児教育・保育をめぐって、世界的に研究が進んでいることをご存じでしょうか。

ノーベル経済学賞を取ったジェームズ・ヘックマンは、「乳幼児期の良質な保育・教育の経験こそが、その後の人生に望ましい影響を与える」ことを明らかにしました。

実際に、子ども園での生活・体験から、子どもたちは多くのことを学んでいます。
親の目から見ると、一見ただの「遊び」に見えることも、子どもたちにとっては大切な学びの宝庫です。

例えば、初めての遊びや体験にも意欲的に取り組むことは「チャレンジする精神ややる気」を育てます。
自分の気持ちを伝え、時にはケンカをしながらも、友だちと良好な関係を築くことは「協調性」を育みます。
一日の生活の中で、見通しをもって生活することは「計画性の芽生え」を培います。
自分の好きなことを見つけ、夢中になって遊びに集中するのは「探究心や粘り強さ」を身につけることにつながります。

これらは、いずれも生きていく中でとても大切な力であり、子ども園という場だからこそ、育つ力でもあります。
さまざまな子どもが一緒に生活し、それを支える保育者がいて、遊びに挑戦できる豊かな環境があります。
まさに乳幼児期の保育・教育は、「生涯にわたる人間形成の土台づくり」の場なのです。

こんなことを大切にしながら、子ども園での保育・教育を展開しています。
子どもたちと日々楽しく過ごしていますので、お気軽にご連絡ください。

わかくさ日記園長や職員が子ども園の日常をつづっています!

error: