• 園のご案内
  • 保護者様専用ページ

新着情報

2月のさくらんぼクラブは中止します

2/16(水)に予定しておりました、地域の子育て支援事業「さくらんぼクラブ」は 現在、新型コロナウィルスの感染拡大が都内…

子育て支援プロジェクト 始動!【わかくさ日記】

コロナ禍でいろいろなことが制限された中、いま一度「子ども園として家庭の子育てを応援すること」を考えようと、今年度から子育…

寝る前に一日の良かったことを話してみよう【園長の保育雑談】

「自分ならできる」「自分なら何とかなる」といった、子どもの自己肯定感を育む重要性は、保育や教育の世界でよく言われるように…

一時保育(ほし組)利用自粛のお願いについて

一時保育(ほし組)利用者各位 本日先ほど、新宿区より 一時保育の利用について自粛のお願いが出されました。 まん延防止等重…

「あいうえお」の学びはいつから?【わかくさ日記】

そら・かぜ・たいよう組の部屋の中で、子どもたちが書いた「文字」を見ることが多くなってきました。つくったものに自分や大好き…

子どもは「善く見ると善くなる」【園長の保育雑談】

大きくなった会のご参加ありがとうございました。しずく・ひかる組は映像配信としましたが、ご覧いただけましたでしょうか。子ど…

大久保わかくさ子ども園よりご挨拶

いま、幼児教育・保育をめぐって、世界的に研究が進んでいることをご存じでしょうか。

ノーベル経済学賞を取ったジェームズ・ヘックマンは、「乳幼児期の良質な保育・教育の経験こそが、その後の人生に望ましい影響を与える」ことを明らかにしました。

実際に、子ども園での生活・体験から、子どもたちは多くのことを学んでいます。
親の目から見ると、一見ただの「遊び」に見えることも、子どもたちにとっては大切な学びの宝庫です。

例えば、初めての遊びや体験にも意欲的に取り組むことは「チャレンジする精神ややる気」を育てます。
自分の気持ちを伝え、時にはケンカをしながらも、友だちと良好な関係を築くことは「協調性」を育みます。
一日の生活の中で、見通しをもって生活することは「計画性の芽生え」を培います。
自分の好きなことを見つけ、夢中になって遊びに集中するのは「探究心や粘り強さ」を身につけることにつながります。

これらは、いずれも生きていく中でとても大切な力であり、子ども園という場だからこそ、育つ力でもあります。
さまざまな子どもが一緒に生活し、それを支える保育者がいて、遊びに挑戦できる豊かな環境があります。
まさに乳幼児期の保育・教育は、「生涯にわたる人間形成の土台づくり」の場なのです。

こんなことを大切にしながら、子ども園での保育・教育を展開しています。
子どもたちと日々楽しく過ごしていますので、お気軽にご連絡ください。

わかくさ日記園長や職員が子ども園の日常をつづっています!

error: